ニュース一覧

幼稚園とは違う幼児教育を

子供

幼児の個性を伸ばす教育

世田谷区は、世帯数が多く子育て世帯も多く存在しているため、幼児教育の需要が高い土地だといえます。一方で、待機児童が多い地域だと認識され、実際に保育園や幼稚園は定員よりも多くの申し込みがあります。そのように、幼児教育に課題を残す世田谷区ですが、保育園や幼稚園とは違う教育方針で幼児の能力を開発する幼児教室は活発になっています。保育園や幼稚園と幼児教室の違いについて、少し説明します。保育園や幼稚園は、小学校未就学の子どもを対象に、小学校に入った後の生活を予備的に訓練させる教育施設です。幼児教室は、幼児を対象に英語や音楽、水泳、リトミックなど、教室を運営している母体が独自の教育方針を示し幼児の潜在能力を育てる教育施設だといえます。幼児教室は、蓄積されたメソッドを有し、幼児を楽しませつつも幼児の持つ個性を育むことに特化した学校となっています。特に、英語や音楽の分野では、その分野を学ぶのに適した年齢がありクリティカルエイジとも呼ばれています。その年齢を超えると、絶対音感や英語の聞き取り能力が身につきにくくなるのです。そのため、幼児教室で英語や音楽を幼児に興味を持たせて教えることは、幼児の年齢に合った教育だといえます。世田谷区では、世帯数に比例するように幼児の数は多いといえ、幼児教室も良質なものが多いです。世田谷区内外の幼児教育に関心のある方は、世田谷区にある幼児教室をご利用になってはいかがでしょうか。

Copyright© 2018 幼児教室の情報を確認【利用状況を事前にチェック】 All Rights Reserved.