ニュース一覧

自然に英語を学ばせる方法

英語

英語で保育で覚えます

英語はこれからの時代に必要だけれど、幼いのに友達と離れて一人だけ英会話教育を始めるのは大げさ。それに、他に覚えてもらいたいことがたくさんある。そう思う方は、プリスクールを考えてください。プリスクールでは、英語が話される環境の中に入って、保育を受けながら、その他のことも学んでいきます。英会話学校のように、語学を学ぶためだけの施設ではありません。友達もいますし、一緒に遊びます。ただし、英語を話してです。アメリカ滞在中に生まれた子供が、遊んでいるうちに英語が話されるようになったという話を聞くことがあります。これを行うのが、保育しながら英語が学べるプリスクールです。英語が話される環境のなかで生活する時間を作る。つまりイマージョンな教育を行っています。イマージョンとは、「浸す」ということです。強制感を子供が持ってはいけません。あくまで自然に楽しく、英語だけでなく他のことも学ぶ。プリスクールには、専門スキルを持った担当者がいます。語学は3歳までとも言われます。確かに子供の方が覚えるのは早くて、発音もきれいになります。幼い頃からの英語教育は、無理ではなく、そうすべきです。せっかく覚えていたとしても、小学校に入ったら忘れてしまうのではないか。そんな心配をする人もいます。けれども、そうではありません。それに、プリスクールに行くのは英語を覚えるためだけではないのです。英語を話す場所、つまり異文化空間に置かれることで、異文化コミュニケーションが身に付きます。異文化との接触をして、コミュニケーションを取ることができたという体験は決して消えません。それに、この体験があれば、小さな頃覚えた英語を取り戻すのは難しいことでありません。

Copyright© 2018 幼児教室の情報を確認【利用状況を事前にチェック】 All Rights Reserved.