ニュース一覧

早めの英語教育

レディ

国際的な環境で学ぶ

小さなお子さんのいる方は、お子さんの教育のために幼稚園や保育園に通わせる方が多いですが、選択肢としてプリスクールを選ぶ方も増えています。プリスクールの特徴は、一歳半位から入学可能としているところが多く英語教育を行うため、幼少期から国際的な教育を受けさせることが出来ることです。インターナショナルスクール付属のプリスクールも多くあるため、幼稚園のプリスクールに入学する事で高校まで進学する事も可能です。また、英語教育に力を入れている事はもちろんのこと、日本の小学校を受験するのに役立つ勉強も行なっているので小学校受験を検討している方も通学しています。普通の幼稚園や保育園に比べて授業料が高いという特徴がプリスクールにはありますが、その分受験に役立つ内容の教育を幼稚園に通ながら受けることが出来ます。小学校の受験対策のために幼稚園が終わってから夕方以降英語スクールに通ったり、休日に塾に通うと時間だけではなく金銭的にも負担がありますが、プリスクールの場合は授業でこれらの教育を受けることができ便利です。お子さんの興味のある習い事や重視したい勉強のみを塾で勉強して、補う事も出来ます。日本に住みながらインターナショナルスクールの受験を目指すには、幼少期から英語教育を重点的に行うことが合格の決め手になります。帰国子女や両親が外国人の場合とは異なり、生活圏内に英語環境が少ない状態でインターナショナルスクールに合格するには、幼稚園や保育園に通うのではなくではなくプリスクールに通う事で英語環境を作る事が可能です。

Copyright© 2018 幼児教室の情報を確認【利用状況を事前にチェック】 All Rights Reserved.